計測技術
計測技術
測定能力テスト
JA

能力の検査および測定プロセスの安定性のモニタリングは、現場での測定装置の測定値のバラツキがないことの品質特性を確認することを目的とします。 測定対象物上の(新たに購入した)測定機器/装置の測定能力に関する評価は、マール社のアプリケーション・エンジニアリングによって行われます。

測定能力のテストのために、プロセス測定が行われます。

すべてのISO9001認定企業は、プロセスのモニタリングおよび測定を適切な方法で行わなければなりません。
プロセスの能力を確認する必要があります。 もちろんこれは、使用している測定器を指します。

ISO9001 - プロセス・モニタリング – 現在使用している測定機器は適正ですか? 定期的なメンテナンスや校正という形での予防的なメンテナンスは、50%以上のマール社の顧客は受けています。 これはマール社が推奨していることであり、製品のドキュメントにもサービスプランとして明記されています。

もちろん、能力に関して測定ユニットを定期的に自発的にチェックすることは大切です。 これらの目的のために、マール社は、とりわけ、必要な参照基準を提供しています。

機器は、各設置場所での測定作業に適していますか? その質問への明確な答えは簡単に得られるものではありません。 温度変化または他の機器の振動などの環境要因が影響を与え、正しい測定結果をえられない場合があります。

そこでマール社は、予防的なメンテナンスのための補助的なものや、障害が発生するまで使われた機器に対応する方法を開発しました。

機器の評価と初期のキャリブレーションによりますが、およそ1~1.5時間の追加作業でマール社のスペシャリストが現場で測定いたします。 ユニットがメーカーの仕様を満たしている場合、追加の測定を行い、それぞれの場所でデバイスが適しているかどうかの判断基準として使えます。

ユニットの仕様がエラーまたは欠陥のため仕様を満たすことができない場合は、当社のサービス技術者が修復のためのコスト見積もりをしサービスレポートをお渡しします。 デバイスが環境条件が原因で仕様を満たしていない場合、オペレータは状態を改善するかまたは特定の設置場所を含むように仕様の定義を拡張することができます。

仕様に準拠しているステーションには、規定の校正を表すマール社のシールでの承認に加え、御社の機器がその設置場所での測定タスクに適しているかどうかを証明する資料を発行します。

測定能力のテストの詳細については、お問い合わせください。