計測技術
計測技術
枠組みの条件
JA

枠組みの条件

生産プロセス内のデータトラフィックの増加は、ほとんど解消されています。

 

Industorie4.0の必要事項

•    部品は要求されたデータを提供・収集しなければならない
•    センサーからインターネットまでの、シームレスな通信
•   全てのレベルにおいてデータ転送するためのインフラの整備

ERP – 企業資源計画
ERPはビジネス・マネージメントソフトです。 生産計画・コスト・製造・サービスのデリバリー・マーケティング・販売・在庫管理・配送・支払を含むビジネス全般のデータの収集、管理、変換が可能です。 効率的な運用の価値創造プロセスと、ビジネスと業務プロセスの継続的な最適化を保証します。

ERPソフトを使用すると、データベースマネージメントシステムでメンテナンスされたデータベースをほぼリアルタイムで活用することができ、ビジネスプロセスのコアを統合します。  ERPシステムでは、経営資源・資金・原材料・生産能力・注文・受注・給与などのビジネス・コミットメントのステータスが追跡できます。  製造プロセスで必要な全ての材料は、適材適所で供給されます。  これは、現代の情報通信技術とITシステムを使用することにより可能となります。

MES – 製造実行システム
MESは、多次元製造マネージメントシステムのプロセス志向の操作レベルで使用されます。  MESは、同様のシステムであるERPとは異なり、自動化プロセスの分散されたシステムに直接アクセスします。 MESは追跡し、完成品を介して原材料の転換を記録します。 MESを使用することにより、正しい情報を最適なタイミングで得ることができます。そして、「どうすれば生産現場での現在の状況が最適になり、生産量をあげられるか」を示し、製造時の意思決定に役立ちます。 MESは、製造プロセスの数々の要因(インプット・人員・機械・サポートサービス等)をリアルタイムでコントロールすることができます。 これは、データの取得・工場出荷時のデータ収集・機械のデータロギング・人事データ収集だけでなく、直接すぐに製造・生産プロセスに影響するすべての工程などを含んでいます。

SCADA – 監視制御・データ収集
SCADAは、リアルタイムでデータを収集し分析するコンピューターシステムです。 ネットワークで製造工場をモニタリング・制御し最適化するシステムです。

PLC – プログラマブル・ロジック・コントローラ
プログラマブルロジックコントローラ(PLC)は、デジタルベースでプログラミングされ、機械もしくは装置を制御するためのものです。 世界中で、「ハードワイヤード」の制御ソリューションとして活用されています。

Wikipediaより

続き: